アフラックのがん保険と他社の比較結果「定期編」


アフラックのがん保険は終身型の保険になりますが、保険料を安く抑えたいなら、定期型のがん保険(あるいはガン対応の医療保険)もぜひ選択枝に入れて下さい。


ただ、ひとつだけ注意するべきポイントは、定期型の保険は更新のたびに保険料が上がるということです。ですから、月々の保険料だけでなく、生涯を通じた保険料をも比較していく必要があります。もちろん、最初は定期保険で保険料を抑え、経済的に余裕ができたら終身型に切り替える、という方法もアリです。


その辺のことも含めて、アフラックの終身がん保険「f(フォルテ)」および「特約MAX」と、他社の定期がん保険(あるいはガン対応定期医療保険)を比較していきたいと思います。


・・・と、いきたいところですが、もう少しお話させて下さい。


がん保険について調べているうちに、私は「ガンという病気に備えることこそが、医療保険の本来の使い方だ」と思い至るようになりました。詳しくは「がん保険は必要か?」をご覧いただきたいのですが、要するにガンが一番お金がかかる可能性が高いからです。


私は基本的に貯金が200〜300万円以上あるサラリーマンの方なら、一般的な医療保険は要らないと考えています。特に60日しか入院を保障しないような医療保険は絶対に要りません。


しかし、そんな比較的貯金がある方の場合でも、ガンに対する備えは別に必要だと思います。再発や転移のリスク、通院治療費の高さ、あとは僅かな確率ではありますが、保険の効かない先進医療を受ける可能性・・・。がんに限っては貯金だけでは心配になってしまいます。


例えばですが、抗がん剤治療が2年続いたとします。月2回、通院で治療を受けて、自己負担額が7万円だったとします。ギリギリ高額医療費助成金の対象にならないので、丸々自己負担になるので、2年間だと168万円にもなります。


その後も再発や転移の可能性が残されていることを考えると、やはり、ガンは他の病気と比較して、経済的負担が大きいと言えると思います。


ですから、がんに対する備えとしてがん保険は必要ですし、また、別の言い方をすれば、がんになった時に役立たない保障内容の保険は、いくら保険料が安くても意味がありません。


では、がんになった時に十分な備えとして機能しうる保障内容とはどのようなものなのでしょうか。「診断給付金は何のためにあるのか」から紹介させてもらうと、以下のような内容になります。



  • 入院日数、手術回数が無制限であること。

  • 通院・在宅療法への保障が手厚いこと。

  • 主に通院保障を補完する目的で、「診断給付金」が100万円以上あること。

  • 先進医療給付が300万円以上あること。


実は・・・、上記条件を満たすガン保険はホントに少ないんです。私が調べた限りでは3つしかない。


⇒アフラックの終身がん保険「f(フォルテ)
⇒セコム損保の定期がん保険「自由診療保険メディコム
⇒フコク生命「医療大臣(+メディコムプラス)


なので、今回は上記の保険の比較をしていくことにします。もちろん、定期のがん保険は他にもいっぱいありますが、私は保障内容が不十分だと判断しましたので、リンクを貼っておくだけにしておきます。


ちなみに生涯保険料を比較するために、アフラックの終身払いの場合は、80歳まで払い続けると仮定して計算しています。

同ジャンル情報をチェック⇒人気ブログランキング



TOPへ