アフラックの「かわいいこどもの保険」(学資保険)の設定金額はいくらにすればいい?


アフラックの「かわいいこどもの保険」などの学資保険に加入する場合、月々の保険料や学資金の設定金額はいくら位にするべきなのでしょうか?


結論から言うと、国立大の4年間の学費を学資保険でカバーしようとするなら、月1万円程度の保険料で学資金200万強を確保。私立文系の4年間の学費まで確保しようとするなら、頑張って子供1人あたり月2万円位の保険料負担で400万円強の学資金を確保します。私立理系なら月3万円弱で600万強の学資金。(医歯薬系なら、もちろんもっとかかります。)


自宅からの通学ではなく、一人暮らしの可能性までカバーしようと思ったら、教育ローンや奨学金など、子供自身に負担させることも考えていくのが現実的だと思います。一人暮らしの費用まで学資保険で確保しようとすると、国立で月々の保険料は3万円、私立文系で4万円、私立理系で5万円もかかります。子供が2〜3人になったら、ほぼ不可能な保険料負担です。


では、この計算の根拠を見ていきましょう。


学資保険関係のサイトでほぼ100%参照しているのは、文部科学省の「子どもの学習費調査」と国民生活金融公庫の「教育費負担の実態調査」、あとは独立行政法人日本学生支援機構「学生生活調査」です。


そこから計算して、オール公立で子供一人あたり1千万円とか言われるわけですが、オール公立出身の私自身の感覚として「ウソでしょ?」と、どうも信じられなかったので、まずは自分で詳しく「子どもの学習費調査」を見てみることにしました。


まず単純にこの統計が示す「学習費総額」というのを足してみました。幼稚園・小学校・中学校・高校とオール公立で合計約530万円にもなります。内訳は以下のとおりです。


幼稚園:75万(1年間:約25万円)
小学校:200万(1年間:約33万円)
中学校:140万(1年間:約47万円)
高校:160万(1年間:約52万円)


しかし、この「学習費総額」は「学校教育費」「学校給食費」「学校外活動費」に大きく3分類されていて、塾の費用や習い事の月謝が含まれている「学校外活動費」の割合がとても大きいのです。


ですから、最低限必要な教育費を知ろうとするなら、その「学校外活動費」を外して考えると分かりやすくなります。そうすると、以下のような金額が出てきます。


幼稚園:約45万(1年間:約15万円)
小学校:約60万(1年間:約10万円)
中学校:51万(1年間:約17万円)
高校:105万(1年間:約35万円)


合計で261万円です。この金額をどう見るか。大雑把に言ってしまえば、中学校までは月換算で1万円前後で済むのですから、私としては学資保険に入ってまで用意するような金額ではないと思います。


高校になると3年間で105万、月換算で3万円弱必要になる計算です。そうなると高校進学時に祝い金が出るタイプの学資保険が良いのかなぁ・・・と思うかもしれませんが、私としては「No」です。


私が住む茨城県の県立高校に通う場合、入学料は5650円のみで、授業料は月額9900円になっています。この他にPTA会費や生徒会費などが含まれる「学校徴収金」があります。これが例えば茨城県立竹園高校の場合、月額で2150円かかります。


この月額12050円が毎月口座から引き落とされます。


・・・これ、けっこう大切なポイントです。なぜなら、少なくとも私が住む茨城県の現在の制度においては、高校に関しては「まとまったお金」が必要ないことを示しているからです。上記の他にかかるお金と言えば、教科書・参考書の購入費や通学費などですが、これらも基本的にはその都度払っていくものですよね。


ですから、私としては幼稚園・小学校・中学校はもちろん、高校進学時の祝い金もいらないと考えています。その方が学資保険の貯蓄性(=返戻率)も高まりますし。


もちろん、できれば子供が高校に上がるまでには、車のローンなどの月々かかる固定費はなるべく下げておきたいところです。学資保険の保険料払込を15歳にしておくと、高校時には保険料負担がなくなるので、ずいぶんラクになると思います。月々の保険料負担は増しますが、その分貯蓄性(=返戻率)は高まりますので、少し余裕のある人にはぜひお勧めしたい方法です。

さて、大学の場合はまとまったお金が必要になりますから、本来、学資保険はココに照準を定めるべきです。


私の地元、つくばの筑波大学(国立)を例に挙げると、入学料が282,000円で、授業料が前期と後期あわせて年額 535,800円かかります。入学時に55万円、その後も学期毎に30万円弱の「まとまったお金」が必要になります。4年間では約220万円になります。


これが私立大学になるともっと高くなります。たとえば、慶応大学の初年度に必要な費用を見てみると、文系学部で120万円。理工・看護が170万円。総合政策・環境情報が144万円、薬学部だと200〜220万、医学部にいたっては370万円かかります。2〜4年次もここから入学料の20万円を引いた金額が必要になります。


一番安い文系、たとえば文学部だとしても、4年間で420万円にもなり、国立大学の2倍弱の金額になります。ちなみに理工学部だと4年間で620万円かかります・・・。


さらにアパートなどを借りて一人暮らししようものなら、目も当てられません。・・・実際親のスネをかじりまくっていた私の感覚として、仕送りは月10万円程度はかかります。年間で120万円、4年間で480万円もかかります。国民生活金融公庫の「教育費負担の実態調査」や、独立行政法人日本学生支援機構「学生生活調査」を見ても、年間100万円強、月換算で9万円程度の仕送りというのが、実態らしいです。


学費と仕送り分を合計すると、国立大学で一人暮らしだとして、4年間で700万円。私立の文系で900万円もかかってしまいます。私立の理系なら1000万円を越えてしまいます。


では、学資保険の設定金額は具体的にどうすれば良いでしょうか。もちろん高ければ高いほど、子供の可能性を広げることができますが、現実問題としては・・・今支払える上限の保険料をかけるしかない、と私は考えています。


先ほど触れた通り、私立文系で一人暮らしさせようと思ったら、4年間で900万。私立理系なら1000万円を越えます。0歳から学資保険に加入したとしても月4万円(私立文系)〜5万円(私立理系)くらいはかかる計算です。それが払えるならOKですが、子供が複数人いた場合、ほとんどの家庭でこのレベルの学資保険の保険料を払うことはできないでしょう。


そう考えると、やはり子供の人数の予定なども考慮しながら、今現在の家計で支払えるだけの保険料を設定する他ないと思います。


たとえば、月1万円程度の保険料でも、17歳・18歳満期の学資保険に加入しておけば、大学進学時には200万円以上の学資金が受け取れるはずです。自宅通学の国立大学であれば、ほぼ4年間の学費に相当する額です。2〜3人子供を作る予定ならば、月1万円の保険料が妥当ではないでしょうか?


私立文系の4年間の学費まで確保しようとするなら、頑張って子供1人あたり月2万円位の保険料負担で400万円強の学資金を確保します。私立理系なら月3万円弱で600万強の学資金。(医歯薬系なら、もちろんもっとかかります。)


自宅からの通学ではなく、一人暮らしの可能性までカバーしようと思ったら、教育ローンや奨学金など、子供自身に負担させることも考えていくのが現実的だと思います。一人暮らしの費用まで学資保険で確保しようとすると、国立で月々の保険料は3万円、私立文系で4万円、私立理系で5万円もかかります。子供が2〜3人になったら、庶民にはほぼ不可能な保険料負担ですからね・・・。


同ジャンル情報をチェック⇒人気ブログランキング



TOPへ