アフラックの医療保険「EVER」の入院給付金はいくら必要?


アフラック医療保険「EVER」には、入院給付金が5千円のコースと、1万円のコースがありますが、そもそも医療保険の入院保障はいくら必要なのでしょうか?入院給付金は日額5000円で足りるのでしょうか?それとも1万円必要なのでしょうか?


これから先、話が長くなるので、結論だけ先に言っておくと、公的医療保険制度により、おおよそですが、医療費だけなら毎月の自己負担は12万円以上はかかりませんので、1日あたり4000円となります。(保険の効かない先進医療は除きます。)


これに入院による就業不能を考慮し、所得補填を加えます。サラリーマンなら健康保険から月給の3分の2が「傷病手当」として支給されるので、月給24万円なら16万円が支給されます。不足分は8万円。1日あたり約2700円の所得補填が必要な計算になります。


となると、4000円+2700円=6700円で、医療費プラス所得補填が可能になります。


なので、今現在貯金がなく、今後も貯金ができそうにないというなら、この金額以上の入院給付金が支払われる医療保険に入ることをお勧めします。


さて、ではここから細かく見ていくことにしましょう。


現在の公的医療保険制度では医療費の自己負担は3割。また「高額医療費払い戻し制度」により、おおよそですが、9万円(8万1千円プラスα)を超える自己負担はしなくて済みます。ガンだろうと、生活習慣病だろうと同じです。


しかも!ココがもっとも重要なのですが、平成19年から認定証(リンク先は厚生労働省のpdfファイルです)があれば、窓口で支払う上限が上記9万円で済むのです。払い戻しされるまで、立て替えておく必要がなくなったということです。(自ら手続きしないと適用されないので注意!)


つまり、あなたが入院に備えておくべき月額は・・・約9万円プラス病院での食費のみです。食費をおおよそ1食300円として一日900円。これに30日をかけて、2万7千円。だいたい12万円あれば大丈夫ということになります。


差額ベッド代なんて要りません。自分が希望しなければイイだけの話です。医療保険を販売している会社のホームページには、たいてい「入院したらこんなにお金がかかる!」ということで、1万円から2万円という金額を提示していますが、よくよくその内訳を見てみると、差額ベッド代が5千円以上計上されています。雑費などもアヤシイものです。


となると、上記12万円プラス「所得補填」という考え方になります。医療費自体は上記のように、案外たいしたコトありませんが、併せて入院時の就業不能による収入の減少が起こりますので、話がややこしくなるのです。


所得補填については、まずご自分の職場の保険制度や福利厚生をよく確認して下さい。私の場合、会社が独自の長期所得保障制度を持っていて、休業中の30日〜180日に関しては、公的保障の「傷病手当」(3分の2)と併せておおよそ現収入の8割の収入が確保できることになっていました。


となると、月の収入が25万円として8割の20万円。月に5万円しか不足しません。一日に直すとおおよそ1650円です。


先に挙げた月12万円(自己負担上限プラス食費)を30日で割ると4000円ですから、私が今現在、入院して働けなくなった場合、必要な日額は5650円となります。


しかもこの金額は、高額医療費を必要とし、入院日数も何ヶ月にも及ぶケースを想定しての金額です。保険が適用されない先進医療費など、どうしようもなく稀なケースは無視するとしたら、ほぼ最悪のケースを想定して、この金額で済むわけです。


しつこいですが、あくまで最悪のケースです。実際に私がこの状態になる可能性はかなり低い。それでも1日5650円で大丈夫なんです。


・・・なので、ぶっちゃけた話、サラリーマンで、貯金がそれなりにあり、近くに頼れる親族がいる場合、はっきり言って医療保険なんて加入しなくても大丈夫だと思いますよ。


貯金額の目安ですが、24万円の月収のサラリーマンが病気などで働けなくなっても、公的な「傷病手当」で6割の16万円が支給されます。不足するのは8万円。一日に直すとほぼ2700円。プラス先に挙げた月12万円(自己負担上限プラス食費)を30日で割った4000円ですから、必要な日額は6700円となります。


念のため半年間、入院したとしましょう(ほとんどないケースだと思いますが)。6700円×180日で120万6千円です。


ですから今120万円近く貯金のあるサラリーマンなら半年の入院に耐えられるというわけです。しつこいですが、半年も入院するなんてケースは本当に稀ですし、それほどの自体ともなれば親族を初め、色々な方から援助があるでしょう。


なので、120万円以上貯金があるなら、医療保険自体、要らないと私は思います。余裕を見て1年分の入院生活にも耐えられるようにするなら、倍の240万円。その位の貯金があるなら、医療保険よりも、障害や介護状態になった場合の何千万円レベルの大型保障と子供の教育資金作りを充実させるべきです。これらを賄う保険についてはまた別のところで勉強していきます。


で、問題は120万円も貯金がない人です。(私なんて、実質貯金ゼロです。)そういう場合は、医療保険に入っておくべきです。ただ、どのみち貯金は必要です。というか、貯金が最優先です。


なぜなら、医療保険に加入していても、実際に保険金が支払われるのは、退院後になるケースが多いからです。どのみち、自腹を切って、自己負担上限内ではありますが、窓口でお金を払わなくてはいけないということです。それから数日後〜数週間後に医療保険からお金が下ります。


入院中に確定した日数を医師に証明してもらえば、月単位で保険金が支払われることもあります。ただしこれは保険会社により、またケースバイケースみたいなので、あまり当てにしないことにします。やはり一番のリスク対策は、少しでも貯金をしていくことです。

となると、貯金をするためには医療保険に支払う保険料はなるべく抑えるべきです。貯金と医療保険はセットで考える。保険料を支払ったら貯金ができない、なんて本末転倒です。


私の場合、先述のように、不足する入院日額は「5650円」という計算になりました。仮に5000円の入院保障の医療保険に加入すると、1日650円、月に換算すると約2万円、足りないことになりますが、仮に6ヶ月入院したとして12万円。そのくらいの金額ならば、なんとか工面できるはずです。


入院すること自体が稀だということを考慮すると、私の場合は日額5000円の入院保障で十分だと思います。


職場に独自の保障がない場合は、傷病手当の6割のみとなり、上記のように必要日額はおおよそ6700円。入院給付が日額5000円だと一日に1700円も不足し、一ヶ月では5万1千円にもなります。半年入院すると30万6千円、不足分が発生します。


これをどうみるか、です。


半年入院する可能性自体はかなり低いこと、30万円程度なら貯金や親族からの援助などでカバーできること、を考慮して5000円の入院給付でもOKとすることもできますし、6700円を目安に入院給付金額を設定しても良いと思います。


少しでも保険料を抑えて貯金に回すためには、1万円コースにするよりも6000円、7000円と細かく入院給付金額を調整できる医療保険に加入するべきだと思います。それだけでもかなり保険料が安くなります。


・・・って言うか、入院給付金は1万円も要らない!多く医療保険に見られる1万円コースは、保険会社が儲けるための設定のような気がします。たいていの医療保険が5000円コースを設けていることでも分かるように、本当はほとんどの人(多少なりとも貯金がある人)にとっては5000円でも事足りるはずなんです。


「5千円か1万円か」って問われたら、そりゃぁ誰だって1万円の入院保障の方が安心できるわけで、多くの人は1万円コースに加入します。これで保険会社は5千円コースを選ばれるよりも、倍の収入(保険料)を獲得できるというわけです。


さらに巧いのは、いくつかの保険会社が用意している1万五千円コース。5千円、1万円、1万5千円と並べられれば、庶民としては真ん中の1万円を取りますよね?サラリーマンに必要な保障は日額6700円なのに。


この6700円という数字は、私の独断と偏見ではありません。上記のように公的保障を踏まえた、カンタンな計算から求められる真っ当な金額です。その金額をバカ正直に保険金額として薦めているアッパレな医療保険があります。


それは、全労済の「新総合医療共済」です。この医療保険では5000円コースと7000円コースというのがデフォルトで提示されているんです。「7000円」なんて中途半端な設定金額、あまり見たことがないと思います。コレ、絶対に根拠があって出している数字だと思いませんか?私が述べた6700円という数字は、素人がテキトーに挙げた数字ではないことがお分かり頂けると思います。


ところで、貯金ができ次第、入院給付金の額を落としていきたいところなので、私は中高齢の方以外は、終身タイプの医療保険ではなく、1年あるいは5年程度の定期タイプの医療保険をお勧めします。


その他にも終身医療保険のデメリットはあります。詳しくは「一生いっしょの保険料はリスクが高い」をご覧頂きたいのですが、私は基本的に終身保険に入るのは、とてもリスクが高い行為だと考えています。


で、以上の観点でアフラックの医療保険「EVER」を見ると・・・2008年12月現在のところ、5000円コースと1万円コースしかなく、入院給付金や保障の設定が細かくカスタマイズできない上に、保障される入院日数も60日と少なく、終身タイプの医療保険でもあることから、私としてはまったくお勧めできません。


同ジャンル情報をチェック⇒人気ブログランキング



TOPへ