アフラックのCMや代理店の営業に惑わされない、生命保険・がん保険の比較方法とは?

 

アフラックを他の保険会社と比較して、加入するべきかどうか検討するWEBマガジンです。その時々の旬な芸能人ととダックのCMで知名度抜群のアフラックですが、生命保険、がん保険、医療保険、学資保険(子供保険)、それぞれの実際の実力はどうなのでしょうか?

 

「アフラックは強い。安心だ。」

 

 

私達はたいした根拠もなくそう思い込んでいますが、それはアフラックが他社と比較して、CMを使ったイメージ戦略に圧倒的に長けているからです。アヒル(ダック)はイメージキャラクターとして定着し、宮崎あおいさん、田亜希子さん、柳場敏郎さん、本田翼さん、嵐の桜井さん、つんくさん、宮迫さんなど、がん経験があったり、堅実でクリーンなイメージがある芸能人の起用も成功しています。また劇団ひとりさんや、渡辺直美さん、トレンディエンジェルの斎藤さんなど、芸人さんを起用することで、より印象に残るCM作りにも成功しています。

 

 

また、一時期放映されていたがん保険のCMのように、代理店にスポットを当てたCMも私達にアフラックへの信頼感を植え付けることに成功しています。自らが、あるいは家族ががんを患った人が、アフラックのがん保険の代理店として働いている姿を見せられたら、・・・もう信頼するしかない(笑)。

 

 

でも実際のアフラックの実力って、どうなのでしょうか?アフラックには生命保険、がん保険、医療保険、学資保険(子供保険)、個人年金などがありますが、他社と比較して、どういった特徴があるのでしょうか?

 

 

保険というのは、どうも分かりづらいものです。アフラックもEVER(エバー)などはじめ、様々な保険商品がラインナップされていて、資料請求してパンフレットを読んでみたものの混乱するばかり・・・。かと言って、今アフラックがさかんにCMしている「保険相談」などに行ったら、当然アフラックの良いところしか話してくれないだろうし、代理店にしつこく営業される可能性がないとは言い切れないので、避けたほうが無難そう。

 

 

複数の保険を扱っている保険相談所にしても同じ。積極は手数料が目当てですから、公平な目で保険を比較しているとは限りません。あちらは保険のプロです。素人の私達を自分の都合の良いようにコントロールするのは簡単なことです。

保険のプロに「カモ」にされないために!

 

娘も2歳を越え、私自身、加齢とともに身体の衰えを実感しつつある今、保険への加入は、私にとって緊急かつ重要な課題なんです。しかも、たいしてお金がない(泣)ので、最小限の費用で自分たち家族に最適の保険を選択しなければなりません。

 

 

そこで私は自分の体験を織り交ぜながら、素人がなるべく公平に保険を選ぶためのサイトを立ち上げることにしました。弱者のための保険比較サイトです。CMや代理店に惑わされないような保険選びをお手伝いします。

 

 

不払いなど、保険会社が語りづらい情報についても触れていきますので、アフラックはじめ保険加入を検討している方のお役に立てれば幸いです。

同ジャンル情報をチェック⇒人気ブログランキング



TOPへ